[Windows10] リモートデスクトップで接続できなくなりました。|認証エラーが発生しました。要求された関数はサポートされていません。原因は CredSSP 暗号化オラクルの修復である可能性があります。詳細については、https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=866660

<

p style=”clear:both;”>

Windows10でアップデートしたら、リモートデスクトップが繋がらなくなったという症状です。

下記のエラーメッセージが出て、接続できなくなりました。
認証エラーが発生しました。要求された関数はサポートされていません。原因は CredSSP 暗号化オラクルの修復である可能性があります。詳細については、https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=866660

で指定されたリンクを開くと下記のページになります。
CVE-2018-0886 の CredSSP の更新プログラム

 
これはさすがに技術者じゃないとわからないのでは!?
(リモートデスクトップを使っている時点で素人ではないでしょうが・・・)

 
簡単に言うと、接続先がアップデートされてないので繋げられないよという内容です。
詳しい内容については下記で解説されていますので、確認してみてください。

Microsoft Japan Windows Technology Support2018 年 5 月の更新プログラム適用によるリモート デスクトップ接続への影響

 
ということで、接続先をアップデートしていただくのが大前提になりますが、手っ取り早く接続元(クライアント)側で回避する方法を上記よりご紹介します。

 
 
◎回避策(レジストリ)
※別な方法も載っていますので先述したリンク先を確認してください。

 
レジストリ パス : HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System\CredSSP\Parameters
値 : AllowEncryptionOracle
データの種類 : DWORD
値 : 2

 
を設定することで回避できます。
これではわからないよ!という方は、下記をコピペして管理者権限で起動したコマンドプロンプトで実行してください。

REG ADD HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System\CredSSP\Parameters /v AllowEncryptionOracle /t REG_DWORD /d 2

 
大事なことなので再度いいますが、あくまで接続先がアップデート出来ない状況等の場合の回避策であり、アップデートするのが大前提です。

Ubuntu on Windows 10(WSL)でcronを動かす方法

Windows 10でLinuxを動かす仕組みであるWindows Subsystem for Linuxを使ってUbuntuを動かしています。

仕事の関係でcronにスクリプトを登録したのですが動いていない様子・・

どうやらFall Creators Updateで動作するのはターミナルが起動している間、かつcronを手動で実行している最中のみのようです。

サーバー用途ではないので仕方がないところでしょうか。

とりあえず動かすだけであれば、次のコマンドをターミナルで実行しましょう。

sudo service cron start

コマンドの実行が成功すれば「OK」が表示されます。
sudo service cron start

今後のWindows 10のアップデートではデーモン含めたバックグラウンド タスクが実行できるようになるみたいなので、期待できますね。

Background Task Support in WSL

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる

『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長

・自分でやらなくて良い

・いざという時の復旧付き

・外部サーバーにバックアップ

Windows 10でIO DATAの古めのLANDISK(NAS)がネットワーク一覧に見えるのに繋がらない:解決

この記事を書いた背景

Windows 10に移行した後、タイトルに挙げたような古いNASへ見えるのにアクセスできないという現象が起こることがあります。

その際、次のような「ネットワーク エラー」のダイアログが表示されます。

〜にアクセスできません。
名前のスペルを確認しても問題がない場合は、ネットワークに問題がある可能性があります。ネットワークの問題を識別して解決するには、[診断]をクリックします。

pingコマンドはIPでもコンピューター名でも通るため、
※TCP/IPでのネットワーク疎通の確認ですね

「¥¥LANDISKの名前」や「¥¥IPアドレス」なども試しますが、繋がりません。

メッセージから、セキュリティ関係を最初に疑っていたのですが・・

この問題に自分も引っかかってしまったので、解決方法忘れないようにメモしておきます。

原因

この問題は、多くのNASのOSがLinuxなどを利用していて、そのファイル共有にSMBと言うプロトコルの古いバージョンを使っていることが原因です。

SMBプロトコルとは

SMBプロトコルとは、Windowsのファイル共有のためのプロトコルです。

SMBプロトコルはWindowsのバージョンなどによって様々なバリエーションがあるため、下位互換性はあるものの基本的には同じWindowsのバージョン同士で接続するのが基本と考えてよいでしょう。

ところが、SMB1.0と言う初期のバージョンに関しては、Microsoftが利用を推奨しなくなったため、将来のWindowsでは削除される候補に入っているようです。

私のようにテクニカルプレビュー版のWindowsをインストールしたりする人は、どこかのタイミングでこのSMBのサポートを削除した状態の環境になってる可能性があります。

解決方法

今回私が遭遇した古いNASにつながらないと言うのも、原因はWindowsのコンポーネントからSMBの削除されていたことが原因でした。

ですので、次の手順で再度コンポーネント有効化したければ問題なくつながるようになります。

  1. コルタナに「機能」と入力して出た一覧から「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択します
  2. 「SMB 1.0/CIFSファイル共有のサポート」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします
    Windows10の機能でSMB/CIFSクライアントを有効化
  3. PCを再起動します

まとめ

原因を順に追っていくことで問題を見つけ、それを解決するだけとは言えど、ネットワークは苦手なので疲れました。

この記事が誰かのためになりますように!

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる

『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長

・自分でやらなくて良い

・いざという時の復旧付き

・外部サーバーにバックアップ

Windows 10でIO DATAの古めのLANDISK(NAS)がネットワーク一覧に見えるのに繋がらない:解決

この記事を書いた背景

Windows 10に移行した後、タイトルに挙げたような古いNASへ見えるのにアクセスできないという現象が起こることがあります。

その際、次のような「ネットワーク エラー」のダイアログが表示されます。

〜にアクセスできません。
名前のスペルを確認しても問題がない場合は、ネットワークに問題がある可能性があります。ネットワークの問題を識別して解決するには、[診断]をクリックします。

pingコマンドはIPでもコンピューター名でも通るため、
※TCP/IPでのネットワーク疎通の確認ですね

「¥¥LANDISKの名前」や「¥¥IPアドレス」なども試しますが、繋がりません。

メッセージから、セキュリティ関係を最初に疑っていたのですが・・

この問題に自分も引っかかってしまったので、解決方法忘れないようにメモしておきます。

原因

この問題は、多くのNASのOSがLinuxなどを利用していて、そのファイル共有にSMBと言うプロトコルの古いバージョンを使っていることが原因です。

SMBプロトコルとは

SMBプロトコルとは、Windowsのファイル共有のためのプロトコルです。

SMBプロトコルはWindowsのバージョンなどによって様々なバリエーションがあるため、下位互換性はあるものの基本的には同じWindowsのバージョン同士で接続するのが基本と考えてよいでしょう。

ところが、SMB1.0と言う初期のバージョンに関しては、Microsoftが利用を推奨しなくなったため、将来のWindowsでは削除される候補に入っているようです。

私のようにテクニカルプレビュー版のWindowsをインストールしたりする人は、どこかのタイミングでこのSMBのサポートを削除した状態の環境になってる可能性があります。

解決方法

今回私が遭遇した古いNASにつながらないと言うのも、原因はWindowsのコンポーネントからSMBの削除されていたことが原因でした。

ですので、次の手順で再度コンポーネント有効化したければ問題なくつながるようになります。

  1. コルタナに「機能」と入力して出た一覧から「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択します
  2. 「SMB 1.0/CIFSファイル共有のサポート」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします
    Windows10の機能でSMB/CIFSクライアントを有効化
  3. PCを再起動します

まとめ

原因を順に追っていくことで問題を見つけ、それを解決するだけとは言えど、ネットワークは苦手なので疲れました。

この記事が誰かのためになりますように!

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる

『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長

・自分でやらなくて良い

・いざという時の復旧付き

・外部サーバーにバックアップ

Windows 10が日本語キーボードを使っているのにドライバー指定してもレジストリ弄っても英語キーボードとして認識してしまう:解決

この記事を書いた背景

先日、私が使っているWindows10のデスクトップPCに106/109日本語キーボードを繋いだのですが、101英語キーボードと認識されてしまいました。

英語キーボードと認識されていると、日本語キーボードで入力しても次の様なキーアサインの違いが発生してしまいます。

  • 「半角/全角」キーを押すと「`」が表示される
  • 「@」キーを押すと「[」が表示される
  • 「無変換」「変換」キーが利かない

英語キーボードのレイアウトが頭に入っていればさして問題なく使えるのですが(自分は平気)、AutoHotKeyなどキーハック系が思った通りに動かずストレスが溜まります。

ただ、この英語キーボードになってしまうトラブルはこれまで何回も遭遇してきたものでして、次の方法で対応すれば良いと思っていました。

  • 「設定」の「時刻と言語」画面の「ハードウェア キーボードレイアウト」で「日本語キーボード」を指定する
  • レジストリエディタで「HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters」の「LayerDriver JPN」や「OverrideKeyboardIdentifier」の値を適宜指定する
  • 「デバイス マネージャー」で該当キーボードの「ドライバーの更新」で、ドライバーを参照して指定する

ついでにキーボードのメーカーにも問い合わせてみたのですが、色々試してみたあとOSを再インストールしてくださいで終わる・・

その後解決したのでその内容をメモしておきます。

解決方法

正直言えば、正確な原因は突き止められませんでした。

どこまで再現性が確実かはわからないのですが、少なくともこの手順で私は上手くいった、という情報として残しておきます。

次の手順でOSが持つ言語関連の設定をまるごと削除した後の再設定で上手くいった、と認識しています。

  1. スタートメニューから「設定」を開きます
  2. 「時刻と言語」アイコンを開きます
  3. サイドバーの「地域と言語」を選択します
  4. 「日本語」を「削除」ボタンで削除します
    ※「言語」の一覧に1つしかない場合は「言語を追加する」ボタンで英語などの言語を追加し、「規定値として設定する」ボタンで規定の言語にします
    規定の言語は次のステップで削除できないためです
  5. 「言語を追加する」ボタンで「日本語」を追加します。
    Windows10地域と言語の設定
  6. 「規定値として設定する」ボタンで規定の言語にします
    ※先の手順などで不要な言語がある場合は「削除」ボタンで削除しておきましょう

以上です。

まとめ

過去の対処方法も色々ありますしそれなりになんとかなるのですが、Windows 10の日本語入力周りはまだ手を入れて欲しい部分がたくさんありますね。

とくにソフトウェアキーボードについては言いたいことがたくさんあります(笑)

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる

『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長

・自分でやらなくて良い

・いざという時の復旧付き

・外部サーバーにバックアップ

Xiaomi Mi Pad 2にWindows 10を再インストールしてみた:注意点

Xiaomi Mi Pad 2にWindows 10 Technical Previewをインストールしたりアンインストールしたりしてたら壊れました(苦笑)

だいぶ放置していたのですが、さすがに使いたいので再セットアップしたものの、微妙に手こずったので記事として情報残しておきます。

Xiaomiのリカバリーイメージもあるようなのですが、ダウンロードが上手くいきませんでした(これが原因で放置していた)。

そこで、Windows 10はアクティベーション済みのPCであればプロダクトキーの入力が不要ということもあり、基本的な再セットアップ方針をWindows 10のクリーンインストールとしました。

再インストールの手順

ざっくりとした流れは次の通りです。

  1. Microsoftの「メディア作成ツール」を利用して再セットアップ用USBメモリを作成する
  2. 作成したUSBメモリで再セットアップ
  3. ドライバーのインストール

以下に注意点など書いてきます。

メディア作成ツール

メディア作成ツールは「Windows 10のダウンロード」からダウンロードできます。

作成するWindows 10は64bit版を選択してください。

USBメモリは、8GB以上の容量があることが条件です。

安いUSBメモリを使うとブートに指定できない(BIOSで認識されない)ことがあるので、無印バルク品などはやめた方が無難でしょう。

実際バルク品を使ったらブートせず、かなり焦りました(笑)

再セットアップ

Xiaomi MiPad2にEWINのキーボードを繋ぐ

BIOSの選択にもその後のセットアップをすすめるにも外付けのキーボード(マウスもあれば)が必要です。

Bluetoothタイプは使えませんから、私はUSBドングルタイプのものを利用しました。

EWINのゲームパッドみたいなやつです。

※EWIN Mini Keyboard

Ewin® 新型 ミニ キーボード ワイヤレス式 2.4GHz無線 タッチパッド搭載 日本語JIS配列 マウスセット ポータブル 超小型 多機能ボタン USBレシーバー付き Mini Keyboard【日本語説明書と1年の保証付き】
Ewin® 新型 ミニ キーボード ワイヤレス式 2.4GHz無線 タッチパッド搭載 日本語JIS配列 マウスセット ポータブル 超小型 多機能ボタン USBレシーバー付き Mini Keyboard【日本語説明書と1年の保証付き】

とにかくWindows 10が起動するまで普通にインストールをすすめます。

ドライバーのインストール

Windows 10が起動したら、次はドライバーのインストールです。

やはりXiaomi公式は存在しないみたいなので、「Xiaomi Mi Pad 2 Downloads – TECHTablets」にDouble Driverで抜き出したファイルがあるので、こちらを利用しました。

USBメモリに展開したファイルを保存し、Mi Pad 2にコピーしておきます。
※USBメモリからインストールもできるのですが、速度の面からデバイスにコピーしておいた方が無難です

デバイスマネージャーを開き、「不明なデバイス」に対して片っ端から「ドライバーの更新」で先ほどコピーしたフォルダーを指定していきます。

再起動が必要な場合はしましょう。

ところがここで、「roadcom 802.11ac WirelessPCIE Full Dongle Adapter」だけが「!」マークがついて認識しませんでした。

ググると「ネットワークアダプター Broadcom 802.11ac WirelessPCIE Full Dongle Adapter このデバイスを開始できません コード10【Ver1709】」という情報もありましたが、どうも再現できません。

結局原因は、「ドライバーの更新」機能で選択されたドライバーが違っていたというものでした。

Microsoftのドライバーが優先的に利用されるのですが、Broadcomのドライバーを指定しないとダメだったのです。

次の手順で指定できます。

  1. デバイス マネージャーを開く
  2. 「ネットワーク アダプター¥Broadcom 802.11ac WirelessPCIE Full Dongle Adapter」のプロパティを開く
  3. 「ドライバー」タブ、「ドライバーの更新」ボタンをクリック
  4. 「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索」をクリック
  5. 「コンピューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択します」をクリック
  6. 「互換性のあるハードウェアを表示」チェックを入れる
  7. Broadcomのある方を選択し、「次へ」ボタンで残りの作業をすすめる

Xiaomi MiPad2 Broadcom 802.11ac WirelessPCIE Full Dongle Adapterドライバーのインストール

まとめ

多少手間取りましたが、iPadのように使えるWindowsマシンの復活です\(^_^)/

間違ってゲームに設定してしまったアプリケーションの登録を解除する方法:Windows 10のゲームバー

ゲームバーとは?

ゲームバーとは、簡単にゲームの画面を画像や動画でキャプチャすることができるWindows 10標準搭載の機能があります。

「Win」キー+「G」キーで簡単に起動でき、Direct Xなどで描画されるゲーム画面などをキャプチャするのに適しています。

※PrintScrnなどのキャプチャ方法では、画面が真っ黒になって撮れません

Windows 10ではあらかじめ登録されたゲーム以外にも、自分でゲームを指定することができます。

またこのゲームバー、名前に「ゲーム」が付いているもののゲーム以外のアプリケーションもゲームとして記憶させられます。

一度ゲームとして記憶させたアプリケーションは、次にそのアプリケーションを起動しても自動的にゲームバーが起動します。

この記事を書いた背景

ところが、このゲームの設定は解除する方法がとてもわかりづらく、間違えてゲームとして記憶させてしまうと、アプリケーションが起動する度に「ゲームバーを開きますか?」と聞かれるためなかなかのストレスです。

かくいう私も間違えて記憶させたアプリケーションの起動の度に数回は無視していたのですが、さすがにガマンできず解除の方法を見つけたので記事にしておきます。

設定を解除する方法

意図せずUWSCをゲームに指定してしまった事例を元にします(笑)

Windows 10 ゲームバーが設定されたアプリ

まずは対象のアプリケーションを起動し、「Win」+「G」キーでゲームバーを開きます。

Windows 10 ゲームバーの設定ボタン

右端の設定ボタンをクリックし、設定のダイアログを開きます。

Windows 10 ゲームバーの設定ダイアログ

「ゲームとして記憶」チェックボックスを外します。

以上です。

まとめ

私の感覚では、ゲームとして記憶したアプリケーションの一覧がゲームバーの「設定」として存在しているとものだと思っていました。

ところが実際はアプリケーション毎に設定画面を開いていかなければならなかったわけです。

この仕組みだと、設定情報のゴミがレジストリなり何なりに残るのでなんか嫌です・・

Google Homeを初期化してみた

Google Homeを他の方に譲ることになったので、
本体をリセットすることにしました。

初期化自体は非常に簡単で、
Googleホーム本体背面のミュートボタンを長押しするだけです。

Googleホームアプリには初期化のやり方が載っていなかったため
次にいつやるかわかりませんがネタとして残しておきます。

Google Homeを初期化する

このボタンを長押しして数秒待つと、
外周がオレンジ色にがぐるぐると回って
「完全にリセットしようとするか」どうかを聞いてきます。

そのまま長押しを続けるとリセットが実行されます。

その後初めてGoogleホームを起動した状態に変わりますので、
初期セットアップを行えば新しいGoogleホームとして使えます。

[Office365] IE11で(Internet Explorer)ポータルにはサインイン出来るがOutlook等を選ぶとHTTPエラー(400)で開かない

<

p style=”clear:both;”>

Office365で、いろいろなアカウントでサインイン、サインアウトを繰り返していたら発生した現象です。
サインアウトした際に、画面に表示されるように、都度ブラウザを閉じるなどを行っていれば、回避できるものなのかもしれませんが、同じ症状が起きた方への情報共有として。

◎具体的な症状

  • Office365 の ポータルにはサインインができる
  • ポータルのメニューから何を押してもHTTPエラー400 (HTTP 400 – Bad Request) となって画面が開かない
  • サインインする全てのアカウントで発生する
  • IE11(Internet Explorer)を閉じて再起動しても回復しない
  • 他のブラウザでは何も問題が出ない

◎対処方法
結論としては、IE11(Internet Explorer)のブラウザのキャッシュや一時保存データのクリアを行うことで回復しました。

  1. [ツール] – [インターネットオプション] をクリック
  2. [全般] タブ内の「閲覧の履歴」にある [削除] ボタンをクリック
  3. 閲覧の履歴の削除ウィンドウの一番上にある [お気に入り web サイトデータを保持する] のチェックを外す ※
  4. [インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル][クッキーとWebサイトデータ]をチェックする ※
  5. [削除] ボタンをクリックすると、下部に削除した旨のメッセージが表示される
  6. 一度起動されているブラウザを全て閉じて再起動する

※この部分がポイントです!

 
 
 
今回のケースではこの対応で回復していますが、症状によって対応方法も変わってきやすい内容なので、症状が似ていれば試してみるのは良いでしょう。

 
 
≪参考情報≫
マイクロソフト コミュニティ
OWA または Office 365ポータルにサインイン出来ない場合の最初の確認項目

あなたの IT の疑問・不安をすべて解決するコンシェルジュ サービス