Delphiでマルチディスプレイ環境のチェック

Screen.MonitorCount で接続されているディスプレイの個数がチェックできる。

.MonitorNum で、どのディスプレイにウィンドウがあるかをチェックできる。

PtInRect(Screen.Monitors[0].WorkareaRect, Point(Self.Left, Self.Top)) みたいな感じで、指定したディスプレイの範囲にウィンドウがかぶっているかをチェックできる。

 実行時にフォームを移動するには、.Top と .Left を設定すればOK。
Primary ディスプレイの左上を基準(0, 0)に、位置が指定されているため。

Windows Vistaに XAMPP を入れるときの備忘録

◎インストールした環境 
Windows Vista Ultimate
XAMPP (basic package) version 1.6.2

■ apache/conf/httpd.conf の編集
> Listen 8080
> ServerName localhost:8080

<IfModule alias_module>
+    Alias /local/ “path/to/”
</IfModule>

+<Directory “path/to/”>
+    Options Indexes FollowSymLinks Includes ExecCGI
+    AllowOverride All
+    Order allow,deny
+    Allow from all
+</Directory>

■ mysql/bin/my.cnf の編集
[mysqld] >datadir=”path/to”

■ phpMyAdmin/config.inc.php の編集
>$cfg[‘Servers’][$i][‘password’]      = ‘~’;

自分の環境では、Webの関係のドキュメントと、MySQLのデータディレクトリはXAMPPディレクトリと別にしています。
理由は、XAMPPのバージョンアップに簡単に対応できるから。

あなたの IT の疑問・不安をすべて解決するコンシェルジュ サービス