Gigabyte BRIXにIntel 7260HMW Wi-Fi Bluetoothカードを付けた

もう4年近く超小型PCとして愛用しているGigabyteのBRIXなのですが、少し前からBluetooth接続のマウスやキーボードが微妙な動きをしているなーと思っていたのですが、いきなりWi-Fiも接続されなくなってしまいました。

↓Gigabyteベアボーン GB-BXI3–4010、Core i3/Intel HM87

GigabyteミニPC Barebone gb-bxi3 – 4010インテルCore i3 – 4010u 1.7 GHz / Intel hm87 / A & V & GbE (認定Refurbished )
GigabyteミニPC Barebone gb-bxi3 – 4010インテルCore i3 – 4010u 1.7 GHz / Intel hm87 / A & V & GbE (認定Refurbished )

デバイスマネージャー上でも「!」マークが付いてる始末で、とりあえず掃除してみたけど改善せず。

状況から見てハードウェア問題と判断し、新しいモジュールを購入しました。

そのモジュール導入のメモ記事です。

購入したのIntelの7260HMWという、Wi-FiとBluetoothがmini PCI-eのカード1枚で使えるようになるというステキな商品。

Wi-Fiはデュアルバンド(2.4GHz/5.0GHz)デュアルストリーム(2×2)、IEEE 802.11ac/a/b/g/n対応で最高速度867Mbpsという自宅のルーターの限界値の方が心配になります(笑)

BluetoothはデュアルモードBluetooth 4.0対応なので、省電力タイプのBluetooth機器との接続ともOK。

数千円でこれが購入できるようになるとは技術革新ってすげー。

インテル デュアルバンド 高速 Wi-Fi 通信Band Wireless-802.11 AC Intel 7260 無線LANカード 7260HMW
インテル デュアルバンド 高速 Wi-Fi 通信Band Wireless-802.11 AC Intel 7260 無線LANカード 7260HMW

※画面右側中央が7260HWMモジュール

BRIXの交換作業そのものはラクチンです。

裏蓋の4本品外したらM.2スロットの下にmini PCI-eがあるので、基板交換するだけ。
アンテナ線繋げばお終いです。

Gigabyte BRIXにIntel 7260HMW Wi-Fi Bluetoothを付けた

PCを起動すると、Windows 10ではWi-Fiのみ自動で認識し、Bluetoothはドライバーのインストールが必要でした。

Bluetoothのドライバーは次のURLからダウンロードすればOK。
Wi-Fiも必要に応じてどうぞ。

インテル® Dual Band Wireless-AC 7260 用のダウンロードはこちらから

とりあえず使えるようになっただけなので速度チェックなどはしていませんが、とりあえずFXの自動取引が再開できて良かったヽ(^o^)丿

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる

『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長

・自分でやらなくて良い

・いざという時の復旧付き

・外部サーバーにバックアップ

Gigabyte BRIXにIntel 7260HMW Wi-Fi Bluetoothカードを付けた

もう4年近く超小型PCとして愛用しているGigabyteのBRIXなのですが、少し前からBluetooth接続のマウスやキーボードが微妙な動きをしているなーと思っていたのですが、いきなりWi-Fiも接続されなくなってしまいました。

↓Gigabyteベアボーン GB-BXI3–4010、Core i3/Intel HM87

GigabyteミニPC Barebone gb-bxi3 – 4010インテルCore i3 – 4010u 1.7 GHz / Intel hm87 / A & V & GbE (認定Refurbished )
GigabyteミニPC Barebone gb-bxi3 – 4010インテルCore i3 – 4010u 1.7 GHz / Intel hm87 / A & V & GbE (認定Refurbished )

デバイスマネージャー上でも「!」マークが付いてる始末で、とりあえず掃除してみたけど改善せず。

状況から見てハードウェア問題と判断し、新しいモジュールを購入しました。

そのモジュール導入のメモ記事です。

購入したのIntelの7260HMWという、Wi-FiとBluetoothがmini PCI-eのカード1枚で使えるようになるというステキな商品。

Wi-Fiはデュアルバンド(2.4GHz/5.0GHz)デュアルストリーム(2×2)、IEEE 802.11ac/a/b/g/n対応で最高速度867Mbpsという自宅のルーターの限界値の方が心配になります(笑)

BluetoothはデュアルモードBluetooth 4.0対応なので、省電力タイプのBluetooth機器との接続ともOK。

数千円でこれが購入できるようになるとは技術革新ってすげー。

インテル デュアルバンド 高速 Wi-Fi 通信Band Wireless-802.11 AC Intel 7260 無線LANカード 7260HMW
インテル デュアルバンド 高速 Wi-Fi 通信Band Wireless-802.11 AC Intel 7260 無線LANカード 7260HMW

※画面右側中央が7260HWMモジュール

BRIXの交換作業そのものはラクチンです。

裏蓋の4本品外したらM.2スロットの下にmini PCI-eがあるので、基板交換するだけ。
アンテナ線繋げばお終いです。

Gigabyte BRIXにIntel 7260HMW Wi-Fi Bluetoothを付けた

PCを起動すると、Windows 10ではWi-Fiのみ自動で認識し、Bluetoothはドライバーのインストールが必要でした。

Bluetoothのドライバーは次のURLからダウンロードすればOK。
Wi-Fiも必要に応じてどうぞ。

インテル® Dual Band Wireless-AC 7260 用のダウンロードはこちらから

とりあえず使えるようになっただけなので速度チェックなどはしていませんが、とりあえずFXの自動取引が再開できて良かったヽ(^o^)丿

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる

『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長

・自分でやらなくて良い

・いざという時の復旧付き

・外部サーバーにバックアップ

LG gram 13のConexant HD Audioでステレオ ミキサーを表示させる方法:Windows 10

この記事を書いた背景

LG gram 13でスピーカー出力をマイクインに繋ぐためステレオ ミキサーを使いたいと思ったものの、「サウンド」ダイアログボックスに表示されていません。

※タスクトレイの「スピーカー」を右クリックして「サウンド」を選択

右クリックして出てくる「無効なデバイスの表示」のチェックもきちんと入っています。

しらべて見たところ、LG gram 13Z970で使われているConexant HD Audioは、デフォルトでステレオ ミキサーの機能を無効にしているようです。

これでは使えないのは当然なので、どうにかした手順をメモしておきます。

原因

サウンド ミキサーの設定に関する記事を下記で見つけました。

ざっくり読むとレジストリで制御しているようです。

Stereo Mix missing in Windows 10? Did they remove it?

この内容を元にレジストリの設定を変更すれば良さそうです。

解決方法

下記のレジストリ キーを開きます。
私の環境には無かったので作りました。

※複数のサウンドデバイスがあると「0000」以外の場合があります

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{4d36e96c-e325-11ce-bfc1-08002be10318}\0000\Settings\EPattributes\EPSettings\StereoMixEnable

次の3つをバイナリ値として書き込みます。

Enable,01
MixAssocSeq,E0,E0
MuteGainSettings,00,00

Windows 10でサウンド ミキサーを有効にするレジストリ設定

再起動します。

「サウンド」ダイアログを表示させ、「サウンド ミキサー」を選択、右クリックして「有効化」します。

Windows 10で有効化されたサウンド ミキサー

再起動しても表示されない場合は、「LG Update Center」でドライバーを再インストールしてみてください。

まとめ

PCの発する音を録音する際にはサウンド ミキサーが利用できる必要があります。

フリーソフトなどで代用することもできますが、標準の機能を利用できた方が良いですよね。

Conexantのもデフォルトで有効にしておいてもらいたいものです。

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる

『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長

・自分でやらなくて良い

・いざという時の復旧付き

・外部サーバーにバックアップ

LG gram 13のConexant HD Audioでステレオ ミキサーを表示させる方法:Windows 10

この記事を書いた背景

LG gram 13でスピーカー出力をマイクインに繋ぐためステレオ ミキサーを使いたいと思ったものの、「サウンド」ダイアログボックスに表示されていません。

※タスクトレイの「スピーカー」を右クリックして「サウンド」を選択

右クリックして出てくる「無効なデバイスの表示」のチェックもきちんと入っています。

しらべて見たところ、LG gram 13Z970で使われているConexant HD Audioは、デフォルトでステレオ ミキサーの機能を無効にしているようです。

これでは使えないのは当然なので、どうにかした手順をメモしておきます。

原因

サウンド ミキサーの設定に関する記事を下記で見つけました。

ざっくり読むとレジストリで制御しているようです。

Stereo Mix missing in Windows 10? Did they remove it?

この内容を元にレジストリの設定を変更すれば良さそうです。

解決方法

下記のレジストリ キーを開きます。
私の環境には無かったので作りました。

※複数のサウンドデバイスがあると「0000」以外の場合があります

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{4d36e96c-e325-11ce-bfc1-08002be10318}\0000\Settings\EPattributes\EPSettings\StereoMixEnable

次の3つをバイナリ値として書き込みます。

Enable,01
MixAssocSeq,E0,E0
MuteGainSettings,00,00

Windows 10でサウンド ミキサーを有効にするレジストリ設定

再起動します。

「サウンド」ダイアログを表示させ、「サウンド ミキサー」を選択、右クリックして「有効化」します。

Windows 10で有効化されたサウンド ミキサー

再起動しても表示されない場合は、「LG Update Center」でドライバーを再インストールしてみてください。

まとめ

PCの発する音を録音する際にはサウンド ミキサーが利用できる必要があります。

フリーソフトなどで代用することもできますが、標準の機能を利用できた方が良いですよね。

Conexantのもデフォルトで有効にしておいてもらいたいものです。

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる

『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長

・自分でやらなくて良い

・いざという時の復旧付き

・外部サーバーにバックアップ

Googleスプレッドシートに記述したメールアドレスの一覧を使ってGmailからメールを削除するスクリプト

この記事を書いた背景

テストやログとして取ったりするメールなど、一定期間だけ必要なものをまとめて削除したくなったのがきっかけです。

自動化する方法について

最初はSeleniumなどに代表されるブラウザー本体の自動化ツールで試みたのですが、そもそもSelenium動かなくなっているし、GmailのID割り当ては複雑だし、すぐに面倒になって止めました。

今回はGmailに対して自動化を行いたいので、親和性が高いであろう(実際高かった)Google Apps Scriptを利用しました。

また、スクリプト内にメールアドレスの一覧を記述するのは仕組み的にも微妙なので、Googleスプレッドシートに記述したメールアドレスの一覧を使うように作りました。

作ったもの

次の画像は、Googleドライブの中に作ったメールアドレスの一覧を保存したスプレッドシートです。

A列に、1セルに1メールアドレスで記述してありますが、とくに体裁などは気にしていません。

スクリプトで削除するメールアドレスの一覧

ここで、「ツール|スクリプトエディタ」メニューを選択し、スクリプトエディタを起動します。

作ったコードは次の通りです。
ご自身のやりたい内容に合わせて適宜変更してください。

「実行|関数を実行|doCleanup」メニューを選択することで、スクリプトが実行され、スプレッドシートに記述したメールアドレスのうち条件に一致するものがGmailから削除されます。

function doCleanup() {
  Logger.clear();
//  IDでスプレッドシートを開く場合
//  var ss = SpreadsheetApp.openById("xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx");
  var ss = SpreadsheetApp.getActive();
  var sheet = ss.getSheets()[0];
  var searchQuery = '';
  var trashedCount = 0;

//  無限ループさせて->(1)
  for( var i = 1; true ; i++ ) {
    var range = sheet.getRange("A" + i);
    var targetAddr = range.getValue();
//    (1)空白セルだったら抜ける
    if  ( targetAddr == '' ) {
      break;
    }

//    検索クエリはGmailの検索ボックスと同じものが使えます
//    検索クエリの例) メールアドレス+重要フラグ無し+ユーザーラベル無し+スター無し
    searchQuery = 'from:' + targetAddr + ' OR to:' + targetAddr + ' -is:important has:nouserlabels -is:starred';
    Logger.log( 'target address:' + targetAddr );

//    検索の実行
    var threads = GmailApp.search( searchQuery );
    Logger.log( threads.length );
//    ゴミ箱に移動した数のカウント
    trashedCount += threads.length;
//    取得したスラッグ
    for (var j = 0; j < threads.length; j++) {
      threads[j].moveToTrash();
    }
  }
  Logger.log( 'moved:' + trashedCount );
  Logger.log( 'end' );
}

5分以上かかるような処理の場合はスクリプトが止まってしまいますので、適宜再実行してください。

まとめ

普段Google Apps Scriptは書かないのですが、JavaScriptなのでオブジェクトのリファレンスがあれば意外と簡単に記述できて良いですね。

Google Appsに関連するちょっとした自動化プログラムは、今後もこのように書いていこうかと思いました。

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる

『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長

・自分でやらなくて良い

・いざという時の復旧付き

・外部サーバーにバックアップ

Gmailで「保存容量が残りわずかです」が表示されたのでGoogleフォトの容量の解放をした

Gmailで「保存容量が残りわずかです」が表示されたので、Googleフォトにある元のサイズでアップロードされた写真を高解像度に変更して容量を確保したというお話しの記事です。

この記事を書いたときの状況

昨日からGmailを開くと、こんなメッセージが表示されてしまったんです。
Gmailで出た「残り容量がわずかです」

「追加容量を購入」リンクをクリックすると、状況が見られます。

さらに円グラフの下にある「詳細を表示」をクリックすると、どのサービスのストレージにどれくらいの容量が使われているのかを把握できます。

Googleドライブ ストレージの詳細

どうやら私の場合、Googleフォトの容量が大きいようです。

解決方法

Googleフォトには、アップロードする際の写真・動画を高画質のタイプに変更することで、無料で容量の制限無く利用することができる機能があります。

ただ、その機能がオフの状態でアップロードされた写真・動画は元のサイズのままですので、手動で高画質のタイプへ変換してあげる必要があります。

その手順は次の通りです。

  1. Googleフォトの設定を開く
    https://photos.google.com/settings
  2. 「容量を解放」ボタンをクリックする
  3. 「圧縮」リンクをクリックする

以上です。

高画質タイプに変換している最中は、次の表示に変わります。

Googleフォトの「容量の解放」を実行中

しばらくして確認すると、無事容量が20GB確保されましたヽ(^o^)丿

Googleフォトの「容量の解放」を実行後

まとめ

iPhone/Androidなどで写真をたくさん撮る方は、バックアップとしてアップロードする写真の種類を「高画質(無料、容量無制限)」にしておかないと、どんどんドライブを圧迫してしまいます。

Googleフォト アプリの入れ直しした際に、この設定が変わる場合があるようなので注意ですね。

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる

『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長

・自分でやらなくて良い

・いざという時の復旧付き

・外部サーバーにバックアップ

Gmailで「保存容量が残りわずかです」が表示されたのでGoogleフォトの容量の解放をした

Gmailで「保存容量が残りわずかです」が表示されたので、Googleフォトにある元のサイズでアップロードされた写真を高解像度に変更して容量を確保したというお話しの記事です。

この記事を書いたときの状況

昨日からGmailを開くと、こんなメッセージが表示されてしまったんです。
Gmailで出た「残り容量がわずかです」

「追加容量を購入」リンクをクリックすると、状況が見られます。

さらに円グラフの下にある「詳細を表示」をクリックすると、どのサービスのストレージにどれくらいの容量が使われているのかを把握できます。

Googleドライブ ストレージの詳細

どうやら私の場合、Googleフォトの容量が大きいようです。

解決方法

Googleフォトには、アップロードする際の写真・動画を高画質のタイプに変更することで、無料で容量の制限無く利用することができる機能があります。

ただ、その機能がオフの状態でアップロードされた写真・動画は元のサイズのままですので、手動で高画質のタイプへ変換してあげる必要があります。

その手順は次の通りです。

  1. Googleフォトの設定を開く
    https://photos.google.com/settings
  2. 「容量を解放」ボタンをクリックする
  3. 「圧縮」リンクをクリックする

以上です。

高画質タイプに変換している最中は、次の表示に変わります。

Googleフォトの「容量の解放」を実行中

しばらくして確認すると、無事容量が20GB確保されましたヽ(^o^)丿

Googleフォトの「容量の解放」を実行後

まとめ

iPhone/Androidなどで写真をたくさん撮る方は、バックアップとしてアップロードする写真の種類を「高画質(無料、容量無制限)」にしておかないと、どんどんドライブを圧迫してしまいます。

Googleフォト アプリの入れ直しした際に、この設定が変わる場合があるようなので注意ですね。

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる

『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長

・自分でやらなくて良い

・いざという時の復旧付き

・外部サーバーにバックアップ

Windows 10のエクスプローラーでサムネイル表示する設定をしてもうまくいかない場合の対処方法

Windows 10のエクスプローラーでサムネイル表示する機能は便利ですね。

サムネイル表示させる方法は次の記事で解説しています。

Windows 10のエクスプローラーでMacのファインダーのように画像ファイルなどを縮小表示させる方法

ところがこの機能、しばしばサムネイルが壊れることがります。
1フォルダーに大量のサイズが大きいファイルを入れているとよく起きる気がします。

これを解決する一般的な方法としては、次の手順でディスククリーンアップのサムネイルのキャッシュを削除する方法が有効です。

  1. エクスプローラーを開く
  2. 「PC」内のドライブ(「Windows(C:)」など)を右クリック、「プロパティ」を選択する
  3. 「ディスクのクリーンアップ」ボタンをクリックする
  4. 「縮小表示」チェックボックスにチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックする

しかし、今回この手順でもサムネイルが壊れたままという問題が起きました。

調べてみると、特定の拡張子で同じ問題が発生する場合があるようで、下記の記事に対処方法が書かれていました。

Can’t preview .png files in explorer

ポイントは、コマンドプロンプトなどを用いて、自分のプロファイルのフォルダにあるアイコンキャッシュ データを手動で削除することですね。

CD /d %userprofile%\AppData\Local
DEL IconCache.db /a

上記の作業で、自分の場合は解決しました。
参考になれば。

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる

『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長

・自分でやらなくて良い

・いざという時の復旧付き

・外部サーバーにバックアップ

[Office365] Outlook2016でExchangeのアカウントを再登録したら起動できなくなった。| Microsoft Outlookを起動できません。Outlookウィンドウを開けません。このフォルダーのセットを開けません。予期しないエラーが発生しました。

Outlook2016でOffice365のExchangeアカウントの再登録を行った際に発生した現象です。

Outlookアカウント設定から、一旦メールアカウント(Exchangeアカウント)を削除して再登録しました。(Office365でアカウントが結び付いていれば、メールアドレスを入れるだけで簡単に再登録できます)

何事もなく終了して、Outlook2016を再起動すると下記エラーメッセージが表示されて起動できなくなりました。。。
 

 
原因を調査すると、再登録の際にOutlookのデータファイルの既定設定が外れてしまい、既定のデータファイルが設定されていない状態だと発生するようです。

 
 
では、Outlookが起動しないのに、データファイルの既定設定をどのように行うのか?
下記の手順で設定が可能です。(Windows10を想定)

  1. コントロールパネルを開きます。※「設定」ではない。

    開き方がわからない方は「Cortana」にコントロールパネルと入力しましょう。

  2. Mail(Microsoft Outlook 2016)をクリックする。
  3. [データファイル]をクリックして、どれか1つを「既定に設定」にします。
    ※「既定」に設定されているものがあれば別の原因でエラーしている

 
 
この作業を行い、Outlook2016を起動させてみると・・・無事に起動しました。
既定の設定がないぐらいで起動しないのはちょっと厳しいですね。強制的に登録されているデータファイルを既定設定しちゃってでも起動して欲しいものです。

[Windows10] リモートデスクトップで接続できなくなりました。|認証エラーが発生しました。要求された関数はサポートされていません。原因は CredSSP 暗号化オラクルの修復である可能性があります。詳細については、https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=866660

<

p style=”clear:both;”>

Windows10でアップデートしたら、リモートデスクトップが繋がらなくなったという症状です。

下記のエラーメッセージが出て、接続できなくなりました。
認証エラーが発生しました。要求された関数はサポートされていません。原因は CredSSP 暗号化オラクルの修復である可能性があります。詳細については、https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=866660

で指定されたリンクを開くと下記のページになります。
CVE-2018-0886 の CredSSP の更新プログラム

 
これはさすがに技術者じゃないとわからないのでは!?
(リモートデスクトップを使っている時点で素人ではないでしょうが・・・)

 
簡単に言うと、接続先がアップデートされてないので繋げられないよという内容です。
詳しい内容については下記で解説されていますので、確認してみてください。

Microsoft Japan Windows Technology Support2018 年 5 月の更新プログラム適用によるリモート デスクトップ接続への影響

 
ということで、接続先をアップデートしていただくのが大前提になりますが、手っ取り早く接続元(クライアント)側で回避する方法を上記よりご紹介します。

 
 
◎回避策(レジストリ)
※別な方法も載っていますので先述したリンク先を確認してください。

 
レジストリ パス : HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System\CredSSP\Parameters
値 : AllowEncryptionOracle
データの種類 : DWORD
値 : 2

 
を設定することで回避できます。
これではわからないよ!という方は、下記をコピペして管理者権限で起動したコマンドプロンプトで実行してください。

REG ADD HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System\CredSSP\Parameters /v AllowEncryptionOracle /t REG_DWORD /d 2

 
大事なことなので再度いいますが、あくまで接続先がアップデート出来ない状況等の場合の回避策であり、アップデートするのが大前提です。

あなたの IT の疑問・不安をすべて解決するコンシェルジュ サービス