Windows 10のジャンプリストにある「最近使ったもの」を消す方法

Windows 10を使っていると、スタートメニューやタスクバーに「最近使ったもの」という項目などで、使用したファイルの履歴が表示されます。

Windows 10 ジャンプリストの例(Word)

ジャンプリストと呼ばれるこの機能は、良く使うファイルをピン留めしたりするのに便利なのですが、不要な項目が増えてくると1つずつしかできないので削除が面倒です。

それをどうにかする方法についてのメモ。

履歴をまるごと削除する方法

アプリケーションの履歴のすべてを削除する場合は次の2つの方法があります。

「設定」を使う方法

次の手順でピン留めした以外の履歴を削除できます。

  1. 「スタート|設定」メニューを開きます
  2. 「個人用設定|スタート」を選択します
  3. 「スタート画面またはタスクバーのジャンプリストに最近開いた項目を表示する」をオフにします

エクスプローラーのオプションを使う方法

次の手順でピン留めした以外の履歴を削除できます。

  1. エクスプローラーを開きます
  2. 「表示」タブ「オプション」をクリックします
  3. 「全般」タブ「プライバシー」グループの「消去」ボタンをクリックします

Windows 10 クイックアクセスの表示オプション

「プライバシーグループ」にあるチェックボックスで、エクスプローラーの「クイックアクセス」にある「よく使用するフォルダー」や「最近使用したファイル」の表示・非表示を制御できます。

履歴が保存される場所

そもそも履歴機能はWindowsのショートカットファイルによって実現されています。

次のフォルダーを「ファイル名を指定して実行(Win+R)」などで呼び出すと、ショートカットの一覧が見えます。

%AppData%\Microsoft\Windows\Recent

その後Windowsがアップデートされ、このフォルダーの下に、ファイルの使用履歴を自動で取るフォルダーとユーザーのカスタマイズを保持するフォルダーが作られました。

こちらはショートカットではありませんが、1アプリケーション毎に1つ、履歴保存用のファイルが作られます。

%AppData%\Microsoft\Windows\Recent\AutomaticDestinations
%AppData%\Microsoft\Windows\Recent\CustomDestinations

アプリケーション単位で履歴を削除する方法

そこで、アプリケーション単位で履歴を削除するためには、上記のフォルダーにあるファイルを削除します。

ファイル名にシステム管理用のIDが振られているためぱっと見わかりません。
適当にファイルを開いて「更新日時」を見るのが楽です。

Windows 10 AutomaticDestinationsの一覧

なお、「f01b4d95cf55d32a」はエクスプローラーのクイックアクセスなので削除しないように注意しましょう(私がやっちゃったので:汗)。

参考:How to Delete Jump List Items | Larry Larsen | Channel 9

ワードプレスをお使い方へ

失敗事例から学ぶ、自社サイトを成功させる9つのポイント、メール講座を提供しています。

WordPressをお使いなら、今すぐ無料でご登録ください!

【失敗事例から学ぶ、自社サイトを成功させる9つのポイント】


失敗事例から学ぶ、自社サイトをワードプレスで成功させる9つのポイント

RAD StudioのデータエクスプローラでFireDACのInterBase設定がファイルに書き込めないエラーが出た:解決

この記事を書いた経緯

RAD StudioのデータエクスプローラでFireDACのInterBase設定がファイルに書き込めないというエラーが出でしまい、EMSサーバーなどのテストができずに焦りました。

解決するまでの流れをまとめておきます。

原因と解決方法

間違えてInterBaseを2回インストールしてしまい、最新の方を削除したのが失敗の元でした・・

原因は次の2つ。

  • 環境変数の設定が書き換わったこと→インスタンスがライセンスエラーしてしまう
  • レジストリの設定が書き換わったこと→参照先フォルダーのアクセス権が必要

次に直す手順を示します。

環境変数

  1. RAD Studioを開く
  2. 「ツール|オプション」メニュー
  3. 「環境オプション|環境変数」ノードを選択
  4. 下記2つの「ユーザー環境変数」を適切な値に変更
  • IB_Protocol InterBaseサーバーのインスタンス名を指定する
  • InterBase – InterBaseサーバーの実行ファイルのあるディレクトリを指定する

RAD Studio InterBaseの環境変数

レジストリ

「ファイル名を指定して実行(Win+R)」などからレジストリエディタを開く(regedit)
「HKEY_CURRENT_USER\Software\Embarcadero\FireDAC」キーを開く
下記2つの文字列を適切な値に変更

  • ConnectionDefFile
    C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\FireDAC\FDConnectionsDefs.ini
  • DriverFile
    C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\FireDAC\FDDrivers.ini

FireDACのレジストリ設定

まとめ

トラブル解決は大変です。

中の人(Y澤さん)ありがとうございました。

ワードプレスをお使い方へ

  <p>
  失敗事例から学ぶ、自社サイトを成功させる9つのポイント、メール講座を提供しています。
  </p>
  <p>
  WordPressをお使いなら、今すぐ無料でご登録ください!
  </p>
  <p>
  → <a href="http://services.dreamhive.co.jp/services/wordpress_9point" onClick="ga('send', 'event', '', 'click', 'link_text');"  />【失敗事例から学ぶ、自社サイトを成功させる9つのポイント】</a>
  </p>
  <p style="margin-top:64px;">
  <a href="http://services.dreamhive.co.jp/services/wordpress_9point" onClick="ga('send', 'event', '', 'click', 'link_banner');"  />

失敗事例から学ぶ、自社サイトをワードプレスで成功させる9つのポイント

RAD StudioのデータエクスプローラでFireDACのInterBase設定がファイルに書き込めないエラーが出た:解決

この記事を書いた経緯

RAD StudioのデータエクスプローラでFireDACのInterBase設定がファイルに書き込めないというエラーが出でしまい、EMSサーバーなどのテストができずに焦りました。

解決するまでの流れをまとめておきます。

原因と解決方法

間違えてInterBaseを2回インストールしてしまい、最新の方を削除したのが失敗の元でした・・

原因は次の2つ。

  • 環境変数の設定が書き換わったこと→インスタンスがライセンスエラーしてしまう
  • レジストリの設定が書き換わったこと→参照先フォルダーのアクセス権が必要

次に直す手順を示します。

環境変数

  1. RAD Studioを開く
  2. 「ツール|オプション」メニュー
  3. 「環境オプション|環境変数」ノードを選択
  4. 下記2つの「ユーザー環境変数」を適切な値に変更
  • IB_Protocol InterBaseサーバーのインスタンス名を指定する
  • InterBase – InterBaseサーバーの実行ファイルのあるディレクトリを指定する

RAD Studio InterBaseの環境変数

レジストリ

「ファイル名を指定して実行(Win+R)」などからレジストリエディタを開く(regedit)
「HKEY_CURRENT_USER\Software\Embarcadero\FireDAC」キーを開く
下記2つの文字列を適切な値に変更

  • ConnectionDefFile
    C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\FireDAC\FDConnectionsDefs.ini
  • DriverFile
    C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\FireDAC\FDDrivers.ini

FireDACのレジストリ設定

まとめ

トラブル解決は大変です。

中の人(Y澤さん)ありがとうございました。

ワードプレスをお使い方へ

  <p>
  失敗事例から学ぶ、自社サイトを成功させる9つのポイント、メール講座を提供しています。
  </p>
  <p>
  WordPressをお使いなら、今すぐ無料でご登録ください!
  </p>
  <p>
  → <a href="http://services.dreamhive.co.jp/services/wordpress_9point" onClick="ga('send', 'event', '', 'click', 'link_text');"  />【失敗事例から学ぶ、自社サイトを成功させる9つのポイント】</a>
  </p>
  <p style="margin-top:64px;">
  <a href="http://services.dreamhive.co.jp/services/wordpress_9point" onClick="ga('send', 'event', '', 'click', 'link_banner');"  />

失敗事例から学ぶ、自社サイトをワードプレスで成功させる9つのポイント

調子の悪いFirefoxをリフレッシュしたらSyncで元に戻らなかったので、どう対応すれば良いかについて

この記事を書いた背景

なんとなく調子が悪くなったFirefoxをスッキリさせるべくリフレッシュしました。

設定とかプラグインとか無くなるって表示されていたのですが、Firefox Syncで復活するから良いだろうと思って適当にやったら見事にクリーンになってしまい、設定などは元に戻りませんでした(。・ω・。)

この、やっちまったあとにどうすれば良いかについて私がやったことをまとめておきます。

リセットの方法

そもそもの問題となったFirefoxのリセットですが、次の手順でやりました。

  1. アドレスバーに「about:support」を入れて移動します
  2. 「トラブルシューティング情報」ページが開きます
  3. 「Firefoxをリフレッシュ」ボタンをクリックします
    Firefoxのトラブルシューティング情報

元に戻す原因

Firefoxのリフレッシュです。

ちゃんとメッセージに書かれている通り全部が消えました。

そしてそもそもFirefox Syncはリフレッシュ後の環境移行などに使うバックアップ目的のものではないと明記されていますね・・

回復する方法

で、やっちまったFirefoxのリフレッシュから元の環境に戻す方法ですが、私の場合はFirefox Syncとデスクトップに保存されたリフレッシュ前のプロファイルを利用しました。

手順は次の通りです。

  1. リフレッシュ後のFirefoxを立ち上げる
  2. アドレスバーに「about:preferences?entrypoint=menupanel#sync」を入れて移動します(メニューからFirefox SyncのアカウントでもOK)
  3. 「切断」ボタンをクリックした後、再度同期する
  4. Firefoxを終了する
  5. 古いプロファイルから必要な情報を復旧する – mozilla supportの「プロファイルデータのコピー」、「重要なデータとその関連ファイル」を参考に、回復させたい項目をデスクトップから新しいプロファイルにコピーする
  6. Firefoxを起動する

以上の手順でコピーした項目が回復していると思います。

まとめ

今回用のように思いつきでやっても戻せれば良いのですけどね。

バックアップは大事だと良く言われますが、復元できることまで確認している方は少ないですね。

面倒でも手順を踏んでおかないと、いざという時バックアップがなんの役にも立ちません・・

あ、結果的にはサクサクに戻りましたので満足していますよ\(^_^)/

ワードプレスをお使い方へ

  <p>
  失敗事例から学ぶ、自社サイトを成功させる9つのポイント、メール講座を提供しています。
  </p>
  <p>
  WordPressをお使いなら、今すぐ無料でご登録ください!
  </p>
  <p>
  → <a href="http://services.dreamhive.co.jp/services/wordpress_9point" onClick="ga('send', 'event', '', 'click', 'link_text');"  />【失敗事例から学ぶ、自社サイトを成功させる9つのポイント】</a>
  </p>
  <p style="margin-top:64px;">
  <a href="http://services.dreamhive.co.jp/services/wordpress_9point" onClick="ga('send', 'event', '', 'click', 'link_banner');"  />

失敗事例から学ぶ、自社サイトをワードプレスで成功させる9つのポイント

[Windows10] タスクマネージャー見ると OneDriveSetup.exe (32 ビット) がずっと動いている

<

p style=”clear:both;”>

アクションセンターに下記のようなアップデートが失敗するエラーが表示されて、タスクマネージャーにOneDriveSetup.exe (32 ビット)が残り続ける現象が起きていた時の対処法です。

どうも一定のバージョンからのバージョンアップ時にトラブルが起きているようです。(詳細は不明)

◎対処方法

  1. タスクマネージャーの OneDriveSetup.exe からエクスプローラーでセットアップファイルの場所を開きます。
  2. タスクマネージャーから OneDriveSetup.exe を選択してタスクを終了させてください。
  3. 開いたエクスプローラーから一つ上のフォルダへ移動して「setup\logs」を開きます。
    C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Microsoft\OneDrive\setup\logs
    
  4. フォルダ内にある下記の2つのファイルを削除します。
    userTelemetryCache.otc 
    userTelemetryCache.otc.session
    
  5. 改めて先ほど開いた OneDriveSetup.exe のあるフォルダへ移ります。
    C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Microsoft\OneDrive\Update
    
  6. OneDriveSetup.exe をクリックすると下記のように正常にアップデートされるはずです。

この症状が起きると、一旦OneDriveSetup.exeを終了させても定期的にアップデートプログラムが起動されるため、気が付くとCPUリソースを使っている状態になります。
これにより動作は遅くなったり、ノートパソコン等では本体が加熱状態になるなど、色々な弊害がでるので、早めに対処する事をオススメします。

[Windows10] Internet Explorer 11 (IE11)で印刷できない

<

p style=”clear:both;”>

普通に印刷はできているのに、ブラウザからの印刷が出来ない場合の対処です。
必ずしもこの原因だけではないようですが、多くのパターンはこれで解決しました。

◎原因
管理者権限ユーザーでサインインしているにる状態でも、一部の操作が一般ユーザー権限で実行され、印刷ができないケースがあるようです。

Internet Explorer を管理者権限でどうさせる方法

  1. スタートボタンから「Internet Explorer」で右クリックして、[その他]→[管理者として実行]
  2. 管理者権限のウィンドウで「はい」を選択

※Windows 10 のアップデート状況によっては、操作手順や画面が異なる場合があります。

 
これで印刷が出来るようになっているか確認してみましょう。

OneDrive for Business をネットワークドライブに割り当てる方法

Office 365 Businessなどで提供さる1TBの容量があるOneDrive for Businessですが、全部同期するのは現実的ではないものの、名称変更などの作業をWebのインターフェイスでやるのは面倒です。

そこで、ネットワークドライブにマウントしてみました。

手順は次の通りです。

  1. Internet ExplorerでSharePointのサイトを開く
    通常は次の様な形式になっていると思います。
    → https://<取得したアカウント名>-my.sharepoint.com/personal/<サイト名>_onmicrosoft_com/Documents
  2. ツールバーから「エクスプローラーで表示」メニューを開く
    Internet ExplorerでOneDrive for Businessを開くと表示される「エクスプローラーで表示」

一度開くと、エクスプローラーからネットワークドライブを割り当てられるようになります。
エクスプローラーで開いているアドレスをコピーし、割り当てるネットワーク フォルダーに指定してください。

OneDrive for Businessをネットワークドライブに割り当てる

これで、写真の整理などの際にまとめてファイル名を変更する作業などが捗ります。

ワードプレスをお使い方へ

  <p>
  失敗事例から学ぶ、自社サイトを成功させる9つのポイント、メール講座を提供しています。
  </p>
  <p>
  WordPressをお使いなら、今すぐ無料でご登録ください!
  </p>
  <p>
  → <a href="http://services.dreamhive.co.jp/services/wordpress_9point" onClick="ga('send', 'event', '', 'click', 'link_text');"  />【失敗事例から学ぶ、自社サイトを成功させる9つのポイント】</a>
  </p>
  <p style="margin-top:64px;">
  <a href="http://services.dreamhive.co.jp/services/wordpress_9point" onClick="ga('send', 'event', '', 'click', 'link_banner');"  />

失敗事例から学ぶ、自社サイトをワードプレスで成功させる9つのポイント

OneDrive for Business をネットワークドライブに割り当てる方法

Office 365 Businessなどで提供さる1TBの容量があるOneDrive for Businessですが、全部同期するのは現実的ではないものの、名称変更などの作業をWebのインターフェイスでやるのは面倒です。

そこで、ネットワークドライブにマウントしてみました。

手順は次の通りです。

  1. Internet ExplorerでSharePointのサイトを開く
    通常は次の様な形式になっていると思います。
    → https://<取得したアカウント名>-my.sharepoint.com/personal/<サイト名>_onmicrosoft_com/Documents
  2. ツールバーから「エクスプローラーで表示」メニューを開く
    Internet ExplorerでOneDrive for Businessを開くと表示される「エクスプローラーで表示」

一度開くと、エクスプローラーからネットワークドライブを割り当てられるようになります。
エクスプローラーで開いているアドレスをコピーし、割り当てるネットワーク フォルダーに指定してください。

OneDrive for Businessをネットワークドライブに割り当てる

これで、写真の整理などの際にまとめてファイル名を変更する作業などが捗ります。

ワードプレスをお使い方へ

  <p>
  失敗事例から学ぶ、自社サイトを成功させる9つのポイント、メール講座を提供しています。
  </p>
  <p>
  WordPressをお使いなら、今すぐ無料でご登録ください!
  </p>
  <p>
  → <a href="http://services.dreamhive.co.jp/services/wordpress_9point" onClick="ga('send', 'event', '', 'click', 'link_text');"  />【失敗事例から学ぶ、自社サイトを成功させる9つのポイント】</a>
  </p>
  <p style="margin-top:64px;">
  <a href="http://services.dreamhive.co.jp/services/wordpress_9point" onClick="ga('send', 'event', '', 'click', 'link_banner');"  />

失敗事例から学ぶ、自社サイトをワードプレスで成功させる9つのポイント

[DNS] SPFレコードで複数指定する方法

<

p style=”clear:both;”>

メルマガなどのASPを利用したりすると、よくSFPレコードを設定するように推奨されています。
これを設定しないと、送信したメールが受信者から迷惑メール扱いをされるなどの問題が起きやすくなるためです。

 
ここで問題なのが、ASP側から指示されたTXTレコードを設定しようと思ったら、既にTXTレコードが設定されてしまっている場合です。
何が問題かと言うと、SPFレコードは複数レコード設定してはいけないということです。
Aレコードと同様に複数レコード設定できてしまうため、誤解されている人が多いのではないでしょうか。

SPFレコードに複数の記述をする場合は、下記のような記述をしましょう。

 
○FQDN(ドメイン)で指定する場合

TXT "v=spf1 +ip4:192.168.0.1(元々記載された契約サーバーIP)  include:***.****.com(ASPで指定されたFQDN) ~all"

※記述方法は契約サービスで異なる場合がありますので十分確認して変更してください。

 
○IPアドレスで指定する場合

TXT "v=spf1 +ip4:192.168.0.1(元々記載された契約サーバーIP)  ip4:nnn.nnn.nnn.nnn(ASPで指定されたIP) ~all"

※記述方法は契約サービスで異なる場合がありますので十分確認して変更してください。

 
 
関連記事
[Google] 複数の SPF レコード

[技術資料] SPF(Sender Policy Framework)

[DNS] SPFレコードで複数指定する方法

<

p style=”clear:both;”>

メルマガなどのASPを利用したりすると、よくSFPレコードを設定するように推奨されています。
これを設定しないと、送信したメールが受信者から迷惑メール扱いをされるなどの問題が起きやすくなるためです。

 
ここで問題なのが、ASP側から指示されたTXTレコードを設定しようと思ったら、既にTXTレコードが設定されてしまっている場合です。
何が問題かと言うと、SPFレコードは複数レコード設定してはいけないということです。
Aレコードと同様に複数レコード設定できてしまうため、誤解されている人が多いのではないでしょうか。

SPFレコードに複数の記述をする場合は、下記のような記述をしましょう。

 
○FQDN(ドメイン)で指定する場合

TXT "v=spf1 +ip4:192.168.0.1(元々記載された契約サーバーIP)  include:***.****.com(ASPで指定されたFQDN) ~all"

※記述方法は契約サービスで異なる場合がありますので十分確認して変更してください。

 
○IPアドレスで指定する場合

TXT "v=spf1 +ip4:192.168.0.1(元々記載された契約サーバーIP)  ip4:nnn.nnn.nnn.nnn(ASPで指定されたIP) ~all"

※記述方法は契約サービスで異なる場合がありますので十分確認して変更してください。

 
 
関連記事
[Google] 複数の SPF レコード

[技術資料] SPF(Sender Policy Framework)

あなたの IT の疑問・不安をすべて解決するコンシェルジュ サービス