WordPress メルマガ用ランダム記事一覧

WordPress のショートコードで囲った文字列を使う方法

このブログにレスポンシブWebデザインを採用してみた。(スマホも同じデザインで見られる!)

WordPress の更新(アップグレード)が途中で止まってしまう:解決

WordPress バージョンアップ後に投稿に画像が挿入できなくなった!!【解決】

Windows 10のペイントを使ってWordPressのアイキャッチ用に写真などの画像をリサイズする方法

[WordPress]メールで記事を投稿する

WordPress 意外と知らない投稿一覧の利用方法


WordPress のショートコードで囲った文字列を使う方法

プロが教える WordPress セミナー開催中!

背景

WordPress では、あらかじめ登録してある PHP の関数を呼び出せる「[」と「]」を用いたショートコードという機能があります。

こちらの記事でショートコードの作り方は説明したのですが、ショートコードで文字列を囲んで渡す方法について今回は記事にしてみました。

コード

とりあえず、次のコードを functions.php に追加します。

function showcontent_func($atts, $content = null) {
	return "→{$content}←";
}
add_shortcode('showcontent', 'showcontent_func');

続いて投稿や固定ページに次のコードを書き、表示してみましょう。

[showcontent]中身だよ![/showcontent]

こんな感じで見えると思います。

→中身だよ!←

解説

ここでのポイントは、第2引数です。

第1引数にはショートコードへ渡された引数が連想配列で含まれますが、第2引数はショートコードで囲われた文字列が渡されます。

注意点としては、ショートコードへの引数は通常 shortcode_atts() によってチェックしますが、第2引数はそのチェック機能がありません。
そのため、引数のデフォルト値として null を渡すようにしてあります。

参考:
ショートコードAPI – WordPress Codex

応用

ショートコード内に書かれたショートコードは、そのままでは機能しません。
例えば次の様なコードは、内側のショートコード(innnercode)は無視され、外側のショートコード(showcontent)しか動かないと言うことです。

[showcontent][innnercode]中身だよ![/innnercode][/showcontent]

この様にネストされたコードを実行するようにするためには、次の様にショートコードの定義で do_shortcode() 関数を呼び出すようにします。

function showcontent_func($atts, $content = null) {
	return '→' . do_shortcode($content) . '←';
}
add_shortcode('showcontent', 'showcontent_func');

参考:
do_shortcode()

まとめ

囲み型ショートコードを使う事で、応用の範囲が大きく広がることがわかりますね。

このブログにレスポンシブWebデザインを採用してみた。(スマホも同じデザインで見られる!)

同じテーマでブログを続けてきましたが、少々飽きてきたし、スマホの保有率も増えたので、デザインを変更したくなってしまいました。
こんな感じで簡単にテーマを入れ替えられるWordPressはやはり便利ですね。
毎日、違ったデザインも可能なレベルです。

ということで今回、レスポンシブWebデザインのテーマを採用しました。

レスポンシブWebデザインとは

詳しくはこちらへ

つまり、画面サイズが違う状態(PCやスマホやタブレット)でも、自動的に見やすくしてくれる方法です。

WordPressでは簡単にレスポンシブWebデザインが採用できます。

現在無料や有料で数多くのレスポンシブWebデザイン対応のテーマが配布してあります。
それを適用するだけでOKです。

画面例

PCで確認
スクリーンショット_060614_033312_PM

スマフォで確認(ブラウザの横幅を変えると自動的にスマホ版のデザインになります。)

スクリーンショット_060614_033425_PM

(1) メニューが小さくなります。3本の線の部分をクリックすると

スクリーンショット_060614_033505_PM

(1) メニューが表示されます。

スクリーンショット_060614_033836_PM

(1)検索をする
(2) 検索窓が表示されます。

※ 各テーマによって動きが異なりますので、それぞれ使いやすいテーマを選択してください。

WordPress の更新(アップグレード)が途中で止まってしまう:解決

一部の管理サイトで、WordPress の更新(アップグレード)が途中で止まってしまい、行えない現象が発生しました。

これは、WordPress 本体のみならず、やはり一部のプラグインでも起こってしまいました。

自社管理のサイトに関しては、プラグインを全て停止した上で更新を行うことができるようになりましたが、停止したいずれかのプラグインの動作が影響していたのでしょうね。
今回は追っていません。

WordPress バージョンアップ後に投稿に画像が挿入できなくなった!!【解決】

プロが教える WordPress セミナー開催中!

IE6の問題により3.1.4から更新が出来ず・・・
xpのサポート終了により、ブラウザのバージョンアップし、WordPressのバージョンアップが出来るようになりました!!

バージョンアップを行った結果、画像が投稿の記事に挿入出来なくなった・・・

解決方法はプラグインのバージョンアップで解決しました。

ひとつ毎に、プラグインを停止し、対象のプラグインを特定。
やはり不要なプラグインは常に削除する運用にしておかないと、特定までに時間がかかると痛感しました。

片付けと同じですね。

以上、ドリームハイブ鈴木でした。

Windows 10のペイントを使ってWordPressのアイキャッチ用に写真などの画像をリサイズする方法

    <div style="padding:36px 12px;">
        <a href="http://www.dreamhive.co.jp/services/wordpress-workshop"  alt="プロが教える WordPress セミナー開催中!"><img src="http://www.dreamhive.co.jp/images/wp_seminar_nowopen.jpg" alt="プロが教える WordPress セミナー開催中!" title="プロが教える WordPress セミナー開催中!" /></a>
    </div>写真などの画像データを持っている方がWordPressのアイキャッチ画像を作るのであれば、<br />

画像編集ソフトをわざわざダウンロードしなくても
標準のツールである「ペイント」でも縮小して保存することができます。

その方法について解説しました。

多くのWordPressのテーマはアイキャッチ画像の最低サイズが縦横200px以上ですので、そのサイズ以上に合わせる必要があることにご注意ください。

[WordPress]メールで記事を投稿する

「WordPress」にはメールで記事を投稿できるので、その設定をしてみた。

○設定→投稿設定
「メールでの投稿」の項目に以下の情報を設定

  • メールサーバー
  • ログイン名
  • パスワード
  • メール投稿用カテゴリーの初期設定

無事に投稿できたっぽい。

WordPress 意外と知らない投稿一覧の利用方法

プロが教える WordPress セミナー開催中!

ブログなどを日々更新していると、記事が増え、過去の記事を探したり一覧化するとき意外と見づらかったりします。
そんな時には、表示項目を変更したり、検索をうまく利用すると一覧機能が有効に使えると思います。

表示項目を変更する

img1

・ 右上のタブ「表示オプション」をクリックする
・ 下画像の表示する項目のチェックで制御できます

記事の検索をする

img2

・ フリー文字で検索する
・ カテゴリや日付で検索
・ 一覧のタイトルなどで並び順の変更もできます

※ 今回お客様より質問を受け、この方法をお知らせしました。
自分では当たり前だと思っていることが、お客様の悩みだったりするということが実感しました。

あなたの IT の疑問・不安をすべて解決するコンシェルジュ サービス