WordPress メルマガ用ランダム記事一覧

WordPress の Contact Form 7 で送信完了後に入力フォームを非表示にする方法
https://goo.gl/nEvYo5

WordPress の投稿・固定ページにパスワードを設定し、他者と共有する
https://goo.gl/kPG49o

WordPressでメルマガを送るプラグイン:Alo EasyMail Newsletter
https://goo.gl/93AlXL

WordPressで作成しているWebサイトでGoogleアナリティクスの結果にタイトルを表示する方法
https://goo.gl/7dKlx5

WordPressのパーマリンクを公開後に変えるとどのようにアクセスできるのか?
https://goo.gl/ZTMImB

[WordPress] WP-DBManager v2.63アップデート
https://goo.gl/JxKhbB

WordPress でログインしているユーザーから送られてくる情報を Contact Form 7 のデフォルト値に設定する方法
https://goo.gl/ccNkAL


https://goo.gl/L6z4lF

WordPress の Contact Form 7 で送信完了後に入力フォームを非表示にする方法

問題

WordPress のお問い合わせ作成プラグインである Contact Form 7 はとても便利です。
しかし、送信完了後に入力フォームが表示されたままになり、かつフォームがクリアされます。

通常はこの動作でも問題は無いのですが、ログインユーザーなどを Contact Form 7 の「[text* xxx default:user_login]」などの機能で自動表示させていても、この内容まで消されてしまいます。

ユーザーからすれば使い勝手が悪いですね。

解決方法

解決方法としては、メール送信後に再度同じページを読み込ませると言う方法があります。

しかし、単に読み込ませてしまうとユーザーが本当に入力ができたかどうかのメッセージも消えてしまい、イマイチです。

そこで、入力フォーム自体を非表示にしてしまうという方法を今回は行ってみました。

具体的なコード

Contact Form 7 の「フォーム」には、次の様に div タグを2つ用意し、メール送信後に表示したい div 範囲を style で非表示にしておきます。

この例では「inquiry_form」がメール送信前に表示したい部分、
「new_inquiry」がメール送信後に表示したい部分としました。

<div id="inquiry_form">
    ユーザー情報 [text* user_login default:user_login]<br />
    [submit "送信"]
</div>

<div id="new_inquiry" style="display:none;">
    <a href="/url">ここをクリック</a>してください
</div>

Contact Form 7 の「その他の設定」には、「on_sent_ok」イベントに JavaScript で表示・非表示を切り替えるコードを書いておきます。

on_sent_ok:"$('#inquiry_form').toggle();$('#new_inquiry').toggle();"

jQuery のセレクターで div を指定し、toggle() メソッドで送信後にそれぞれの表示状態をトグルさせるというものです。

簡単ですね。

まとめ

JavaScript の動作そのものを切られているとどうしようもないのですが、最近ではそうとう環境に制限がない限り問題無いでしょう。

WordPress の投稿・固定ページにパスワードを設定し、他者と共有する

やりたい事

WordPress の投稿・固定ページを書いている途中で他の人にみてもらいたいって事はありませんか?

方法

やり方は2つあります。

1つは、WordPress にユーザーを追加し、その人に購読者の権限を追加する方法。
「ユーザー|新規追加」メニューを選択し、「権限グループ」から「購読者」を選択してください。

WordPressのユーザーの権限グループ

もう1つは、投稿・固定ページにパスワードを設定する方法。
ページを編集状態にしたあと、「公開」グループの「公開状態」で「パスワード保護」を選択し、「パスワード」を入力して「OK」ボタンを押します。

WordPressのページをパスワード保護する

まとめ

どちらの方法も、一切一般のユーザーからは閲覧できません。

WordPressでメルマガを送るプラグイン:Alo EasyMail Newsletter

WordPress でメルマガを送るプラグインを探して見つけたものを試してみました。

■条件
○must
・配信カテゴリを複数作れること
・購読者自身で解除・再送信の設定ができること
・メルマガのテンプレート機能があること
・名前などがテンプレートへの差し込みできること
・解除用リンク生成機能があること
・購読者の一括登録・解除ができること

○want
・WordPress と別の購読者管理ができること
・送信済みメールの履歴管理ができること
・予約配信できること
・ステップメールができること
・ステップメールのシナリオが複数作れること

■ざっと見つけたプラグイン
・Subscribe2
・Alo EasyMail Newsletter
・MeeNews

条件をもっとも満たしていそうなプラグイン、Alo EasyMail Newsletter を選択しました。

■注意点
○管理画面から「購読者管理」、「メルマガ発行」、「設定」を行うのですが、それぞれが「ユーザー」カテゴリの「Newsletter Subscribers」、「ツール」カテゴリの「Send newsletter」、「設定」の「Newsletter」とバラバラです。

普段折りたたんでいるので最初迷いました・・

○CSV の文字コード
csv によるインポート・エクスポートが可能ですが、日本語を含む場合のファイルの文字コードは UTF-8 が無難なようです。

また、区切り文字が「;」でした。
csv と思っていると、間違えそうです。

さらに、なんだか1行目は必ずエラー(The e-email address is not correct)するようです。

ここら辺、お客さんに操作をお願いする場合の障害になりかねないですね。

○cron
wp_cron を使ってメール配信を行っているので、これが動いていないと全く配信されません。

○その他の設定
本家のここに書いてある設定は、.htaccess に php_value を指定する以外はすべて行いました。

■結論
いろいろ海外のものも含めて探したつもりですが、CRM 的な「追客」が考えられているプラグインを見つけられませんでした。

EasyMail はメルマガ送信プラグインとして十分使えますが、もっと追客のための機能をなんとかしたいところです。

WordPressで作成しているWebサイトでGoogleアナリティクスの結果にタイトルを表示する方法

最近の悩み・・・
WordPressで構築したWebサイトを解析するのにGoogleアナリティクスを利用しております。
しかし、「すべてのページ」でアクセス数などを見ても、URLのみ表示されている。
しかもリンクになっていてクリックしても、より細かい解析結果のページに遷移するだけ。

スクリーンショット_110215_065154_PM
(1) すべてのページ
(2) 結果はURLのみ

これではどのページが人気あるのかなど、スッキリ分からない。

項目にタイトルが表示されれば良いのに・・・
そんな時の対応方法です。

すごく簡単に設定可能です。

対象のアナリティクス結果画面で、セカンダリディメンションの項目に「行動」の中にある「ページタイトル」を追加するだけ。
スクリーンショット_110215_065313_PM
(1)「行動」の中にある「ページタイトル」を追加する

以下が結果です。
スクリーンショット_110215_065358_PM

(1) Webサイトのページタイトルが追加されました。

WordPressのパーマリンクを公開後に変えるとどのようにアクセスできるのか?

プロが教える WordPress セミナー開催中!

WordPress にはパーマリンクと言う機能があり、ウェブサイトの URL の構造をカスタマイズすることができます。

SEO の観点からもユーザビリティの観点からも良い機能なのですが、
サイトを公開してからパーマリンクの設定を変えてしまうと、アクセスに支障が出る場合と出ない場合が出てきてしまいます。

そこで、実際どのような動きがあるかについてまとめてみました。

[WordPress] WP-DBManager v2.63アップデート

WP-DBManagerがv2.63にバージョンアップして、念願のポート番号指定が対応されました!
サポートコミュに有志の方がコードを載せて、ようやく今回のバージョンで組み込まれました。

これで色々なホスティングでも大丈夫だと思っていたら、GZIPオプションを有効にすると動かない・・・

原因を探ると使っているホスティングではGZIPにパスが通っていませんでした(泣

結局プラグインのソースに手を入れる必要が発生し、今もWP-DBManagerが自動アップデートさせられない状況が続いています。

GZIPにパスが通っていないホスティングが悪いのか。。。
mysqldumpのパスを設定するように、GZIPのパスを設定できないWP-DBManagerが悪いのか。。。

個人的には前者な気がするんですけど・・・

WordPress でログインしているユーザーから送られてくる情報を Contact Form 7 のデフォルト値に設定する方法

Contact Form 7 にデフォルトでログインユーザーの情報を設定する方法でお困りですか?

WordPress のサイトを構築していると、ユーザーのログインが必要なサイトでのフォームによる情報送信(Contact Form 7 を利用して)の際、ログインしているユーザーの情報を入力項目のデフォルト値に設定したいことがままあります。

そんな時、オフィシャルのサイトの記事が有用です。

通常のデフォルト値の使い方

通常であれば、[] 内のオプション値として「”xxx”」を渡すことで、デフォルト値を利用できますね。

例)

[text* subject "ほげ〜"]

この default 指定の部分に対し、先の URL にある、「default:user_xxx」を指定することで、ログインユーザーの情報を埋め込むことができるのです。

ユーザー情報をデフォルト値にする使い方

例)

[text* login_name default:user_login]

まとめ

ちょっとした事ですが、利用者の使い勝手には重要なポイントだと言えますね。
使えるところには利用していきたい機能です。

あなたの IT の疑問・不安をすべて解決するコンシェルジュ サービス